びおめたでタグ「オーディオ」が付けられているもの

ハガキベニヤスピーカー・3

|
20170917a.jpg

ダイソーのハガキサイズベニヤ板で作るバスレフスーピーカー。箱が出来上がりました。まるで巣箱。あとは、スピーカーユニット(F77G98-6)を取り付けるだけですが、必要なものはそれだけではありません、あたりまえですが。

ターミナルは、F77G98-6と一緒に秋月電子で購入したもの。ケーブルはAmazonベーシックの16ゲージ、吸音材の水槽フィルターはホームセンターで。そして、伸縮性のある絶縁テープを、スピーカーのフレームに巻き付けてパッキンとします。また、ネジはM3のタッピングネジを使います。

20170917b.jpg

ケーブルに圧着するファストン端子と圧着器もアマゾンで購入しました。F77G98-6とターミナルに合う端子は110型ですが、スピーカーユニットによっては大きいサイズのものが必要になります。ユニットの交換を考慮するなら、大は小を兼ねるということで、最初から大きいサイズの端子を付けておく手もあるでしょう。もちろん、直接ハンダ付け等を行うなら、こういうものは必要ありません。

こうしてみると、揃えなくてはならないものが結構あります。それは道具についてもいえますが。そこで、最初は、そういったものがある程度そろっているキットから、始めてみるのがいいかも。ヤフオクで、そういうキットを出品している方がいるので、以下にそのURLを記しておきますね。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/clearbook_2009

レコード盤の洗浄について

|
汚れが目立つようなレコード盤は、いっそ水洗いした方が良いというのを、ネットで耳にしたものですから、自分でもいろいろと試してみたのです。そのなかで、自分なりのやり方というのが固まってきたので、それを紹介しましょう。

ハガキベニヤスピーカー・2

|
それでは、バッフル面に、スピーカーユニット(F77G98-6)を取り付けるための穴を開けましょう。

我輩三号・3

|
20170909.jpg

ダイソーでカーボン柄の塩ビシートを見つけたので、三号に貼り付けてみました。が、シートの質感が、思っていたほどカーボンっぽくないので、いまひとつなカンジです。

それはともかく、このスピーカー(PM-M0841CK)は、なかなか良いですね。スムーズな音出しで、聴き疲れしないです。PCデスクトップに置いて、Lepyのアンプで鳴らしていますが、ながら聴きなら、これで充分でしょう。

ハガキサイズベニヤスピーカー

|
20170908a.jpg

ダイソーに寄ったら、このようなハガキサイズのベニヤ板が売っていました。148x100x8mmの2枚セットです。版木に使うものですが、スピーカーの箱に出来そうだったので、とりあえず必要分を購入しました。

で、どんなふうになるのか、メタセコイアでチャラっとモデリング。これで、なるべく板の加工が少なくなる構造を考えます。

20170908b.jpg

スピーカーユニットはF77G98-6を予定。

我輩三号・2

|
20170905a.jpg

電動トリマを購入しました。TR-100という5千円ほどで買えるものです。さっそく、これを使って、三号のバッフル面を段欠き加工し、PM-M0841CKの端の部分を段差に収め、GRL3BKのグリルをスマートに取り付けられるようにしてみました。深さは2.5mm、幅5mmで削ると、ちょうどいい感じ。

また、下のように、板で挟んで、固定することもできます。この場合の前面の開口径は76mm。75mmで開けて、ペーパーなどで削りながらユニットを合わせた方がいいかも。

20170905b.jpg

電動トリマは、うるさい上に、切り屑が飛び散るのが難儀ですね。でも、段欠きや面取りができると、やれることの幅が広がります。買ってよかった!

バックロードホーンへの道・7

|
20170902.jpg

ダイソーのMDFで作る小型バックロードホーン。我輩四号、完成し「パラサウロⅠ世」と命名。今回は木目調の塩ビシートを貼ってみました。

最初の音出しから1週間ほどたちましたが、初めに比べれば、随分とマシに聞こえる様になったような気がします。しかし、繰り返しますが、これには耳の慣れによるものもあるでしょう。

音源によっても、良かったり悪かったりです。それは、今のところ、ジャンルにはあまり関係がないようです。

バックロードホーンへの道・6

|
20170825.jpg

ダイソーのMDFで作る小型バックロードホーン。我輩四号です。

アンプに繋いで最初に出てきたのは、...さよならバックロード、っていうくらいの酷い音。ブーブー、モコモコ、女性ボーカルは、宇宙ヘルメット被って歌ってるのかってほどで、聴いてると頭痛がしてくる始末。

それでも、ずっと鳴らしてると、少しづつ聴けるような音になっている気がしないでも。これがエイジングなのか、いや、単に自分の耳がヘンな音に慣れただけなのかも。

まあ、バックロードホーンは、ちゃんとした音になるまで時間がかかるという話も聞くので、しばらくは鳴らし続けるしかありません。

しかし、音源によっては、ベースやドラムが、おっ!っていう感じで鳴るときがあって、これは昔、知り合いの家で聴いたJBLのそれに、似てるような気がしないでも。

バックロードホーンへの道・5

|
20170822.jpg

ダイソーのMDFで作る小型バックロードホーン。最後の板を接着して1日置いたところで、とりあえず箱の出来上がりとなります。段差や隙間の修正などは、あとで塗装なりをするときに行うつもりなので、今はまだやりません。

バッフル開口径を、スピーカーユニット(F77G98-6)がすっぽりと収まるように76mmで開けてあるので、フランジに余裕がありません。なので、ユニットと箱の間に挿んで音漏れを防ぐためのパッキンは、このように隙間テープを細く切ってフレームに巻き付けて、開口部と密着するようにしています。

またこの場合、ネジ穴が開口部に接近してしまい、柔らかいMDFでは、そのままネジ止めすると、板が割れてしまう恐れがあります。そこで、あらかじめドリルで下穴を開けておいて、それを予防します。M3のネジを使うので、2.5mmのドリルビットで。

バックロードホーンへの道・4

|
20170821.jpg

ダイソーのMDFで作る小型バックロードホーン。側板を貼り付けて蓋をしました。あとはクランプで圧着して、重しを載せ、このまま1日ほど置きます。

この赤い柄のクランプは、ダイソーの200円のF型クランプです。このように、たくさん必要になる場面もあるので、この値段は助かります。ありがとうダイソー!

バックロードホーンへの道・3

|
20170820.jpg

ダイソーのMDFで作る小型バックロードホーン。音道の部分まで出来上がりました。あとは段差などを修正して、側板を貼り付ければ、箱の出来上がりです。

長いホーンをクネクネと折り畳んで箱の中に収める、というのは、何かしら好奇心のようなものをくすぐられます。恐竜にも気道がクネクネしているヤツがいましたね。なんか科学の神秘ってカンジです。

ところで、スピーカーの自作に限らず、ここに写っているような作業台は、その作業の効率が断然捗ります。安いものだと3,000円ほどからありますので、オススメですよ。

我輩三号

|
20170819.jpg

我輩三号です。箱の作りは一号(ビッグブルー)とほぼ同じ。二号(ペーパーボーイ)完成直後くらいに作り始めたのですが、途中で飽きてしまって、ずっと放置していました。が、バックロードホーンの製作のついでに、こちらの方の作業も進めていて、先にカタチになったという訳です。

使用したのは、aitendoで購入したPM-M0841CKという1個399円のスピーカーユニットです。値段の割に音が良いと評判なのですが、他にみられるような、ネジ止めするためのフランジと呼ばれる部分が無いのが、やっかいなところです。

けっきょく、同じくaitendoで見つけたGRL3BKというスピーカーグリルの、プラスチックの枠の部分を使うことで、ユニットを固定することができました。ただし、枠の内側を若干削る必要があります。

また、バッフルの開口径は69mmにしましたが、スピーカーユニットの端子台が干渉するので、その分を削りました。

まだ少ししか鳴らしていませんが、なかなか良い感じの鳴りっぷりですよ。

バックロードホーンへの道・2

|
20170817.jpg
ダイソーのMDFで作る小型バックロードホーン。箱の部分の裁断と加工があらかた済んだので、クランプを使って仮組してみました。あとは音道の部分を切り出して、じっさいの組み立て作業に入ります。

300x200x6mmのMDFを2枚貼り合わせたものを、そのまま側板にしています。また、それを100mm幅に切断したものを天板やバッフル版などに使用しています。なので、エンクロージャーの寸法は、W124xH300xD200mmということになりますね。

ちなみに、このクランプは、クイックバークランプというもので、締めるのもリリースするのも片手で出来るので便利です。こういった仮組や仮止めなんかの時に重宝します。

バックロードホーンへの道

|
20170812.jpg
スピーカー自作の花道は、やはりバックロードホーンだろう、ということで、バックロードホーンを作ってみようと思います。

使用する板材は、ダイソーで手に入るMDF。スピーカーユニットは、ついでのとき買っておいた、2個で500円のF77G98-6。基本の箱組は6ミリの板を貼り合わせたものを、音道の部分は6ミリそのままを使う予定。

そこで、実作業の前に、メタセコイアでザクっと箱をモデリングしてみました。図面は、自分で設計するのは難しいので、市販のキットを参考にしました。

使用するメタセコイアはVer.4(64bit)に移行しましたが、Ver.3で使えていたプラグインが使えなくなったり、ちょっと面倒ですね。いや、それ以前に操作をすっかり忘れているのが問題ですけど。

M44Gについて

|
20170520.jpg

頂き物のDP-1700にセットされていた、シュアーのM44Gというカートリッジは、50年以上の歴史を持つ定番カートリッジだそうです。近年はDJ用としての需要が多いとか。

出てくる音は、力強くて元気があるものですが、やっかいなことに、高音域で、女性ボーカルの「サ行」が音割れしたりするのです。

最初は、針の寿命かレコード盤の摩耗や汚れが原因かと思ってましたが、調べてみると、どうやらこれはM44Gの持つクセのようなものだと分かりました。

針圧を高くすると多少改善されるので、通常は適正値いっぱいの1.5gにしていますが、盤によっては2~3gにすることもあります。

根本的な対策としては、カートリッジを他のものに替えるというのがベストな解らしいですが、音割れ以外はすごく良い音なので、悩ましいところです。

アニマリンピックスについて

|
20170506.jpg

アニメーション映画「アニマリンピックス」のサウンドトラックです。10ccのグレアム・グールドマン作。他の10ccのメンバーも参加していて、10ccのアルバムといっても通用するような作品になっています。

映画の方は観てないので分かりませんが、音楽の方は本当に素晴らしい曲がそろっています。なのに、これまでCD化がされてきませんでした。大人の事情があるんでしょうね。

これが聴きたいがために、レコードプレイヤー(DP-1700)を引っ張り出してきたわけです。レコードの方は、オークションで送料込み1,000円。ジャケットはともかく、盤の方はキズもなく、そこそこ良い状態でした。

たしかフルバージョンがYouTubeに上がっていたとおもうので、興味がある人は聴いてみてください。

PS1をCDデッキとして使う・2

|
20170505.jpg

CDプレイヤーとして侮れない音を出すという噂の、初代PS1(SCPH-1000)を入手しました。ジャンクで300円。電源とマザーボードは生きていましたが、ゲームも音楽CDも認識せず。

まずレンズのクリーニングと、ギアなどの駆動部へのグリスアップを行い、その後レーザーも弄ってみましたが、正常動作には至りませんでした。

なので、手持ちのPS1から、ドライブユニットを移植することに。あれこれ組み合わせて、ゲームも音楽CDも、ほぼ問題なく再生できるようになりました。

それで、肝心のCDの音質ですが、これまで使ってきたSCPH-3000と聞き比べてみると、そういわれればそうかもしれないという印象。はっきりいえば、明確な違いは分かりませんでした。

でもまあ、300円で良い音のCDプレイヤーが手に入ったんですから、良しとしますか。

アナログへの道・4

|
20170501.jpg

つい買ってしまいました。パイオニアのAVアンプA-V1200。ジャンクで1,000円。添え書きには「音が小さい」とありましたが、背面を見ると、オーディオアダプター端子(AX-640でいうアクセサリー端子)にジャンパープラグがありません。

これはもしかして、と思って、持ち帰って、件の端子をジャンパーして動作させてみると、案の定ちゃんと音が出ました。ツマミがひとつ無かったり、いくつかのスイッチが接触不良気味だったり、ボリュームに微弱なガリがあったりしますが、音出しには問題ありません。というか、良い音です。

AVアンプという括りですが、普通のアンプにAVセレクターを付けた、みたいな気がしないでもありません。ともかく、良い買い物でした。

アナログへの道・3

|
20170430.jpg

ヤマハのプリメインアンプAX-640の各入力で音が小さいという問題。じつは故障ではなく、背面のアクセサリー端子にジャンパープラグが挿さってなかったのが原因でした。

背面を清掃していて、このアクセサリー端子というのは何なのだろうと眺めていると、端子間に白いラインが描いてあるのに気づき、もしかしてと思って、ピンコードでジャンパーしてみたんです。するとダイレクトモードでなくてもちゃんと音が出るではありませんか、各入力で!

遅ればせながら、取説をダウンロードして見てみると、そのことがちゃんと書いてあります。ネット上にあるAX-640の画像を見ても、そこがジャンパーされています。

ちゃんと音が出てホッとしたのはモチロンですが、中の配線をいじったりのジタバタが無駄だったというのがガッカリです。先に取説を見ていれば、そんなこともなかったのに。

しかし、こんなことも、知らなければ故障と早とちりしてしまうのも、仕方ないでしょうね。ひとつ勉強になりました。ちなみに配線は元に戻しました。

アナログへの道・2

|
20170426.jpg

レコードプレイヤー(DP-1700)を鳴らすために、フォノイコライザー付のアンプを購入しました。ヤマハのAX-640。ジャンクで2,000円。不具合アリ。

まず、2系統あるスピーカー出力のA系の音が出ません。B系は問題なし。また、いずれの入力でも音が小さいです。ただし、トーンやバランス、フィルターをスルーするCDダイレクトモードでは、ちゃんと音が出ています。

なので、中の配線を付け替えて、フォノダイレクト!に改造。これで、レコードプレイヤーでアナログ盤が聴けるようになりました。

警告!

このサイトには女性の裸体表現が
若干含まれています。閲覧に際し
それらに不快を感じる方や年齢的
に相応しくない方はさようなら~!

アーカイブ