びおめたでタグ「動画」が付けられているもの

MDアダプターについて・その2

|


MDアダプターの比較動画です。最初にメガドライブ2のステレオ音声。次にスーパーファミコン+MDアダプター。そして、おまけにGAME JOYというメガドライブ互換機のステレオ音声。プレイしたのはランドストーカー ~皇帝の財宝~です。

前の記事で、色の鮮やかさうんぬんをいいましたが、これで見ると、オリジナルの方がキツイ感じがしますね。TVで見るとそうでもないようなのですが。あと、この動画では分かりにくいですが、GAME JOYは場面によって縦縞のノイズが目立つことがあります。

元々メガドライブの映像や音声の品質は、決して満足のいくようなものではないわけで、そこでオリジナルの再現度がどうのというのは、あまり意味がないと思います。といって、互換機がデザインなどを含めオリジナルを凌駕しているかといえば、それもどうかなという感じです。そういうものを期待しているのですけどね。

哀しみにありがとう

|


先日、風のクロノア2 ~世界が望んだ忘れもの~をオールクリアしました。この動画はエクストラ"鬼畜"ステージのホラホラタワーをタイムアタックしたときのものです。ぱどぅ!

クロノアシリーズとしては、ムーンライトミュージアムに続く3作目ということになり、そこからの要素も取り入れつつ、初代のシステムを踏襲し演出面等をパワーアップさせた、といった感じですか。アクションゲームとしての完成度も高く、音楽もとても良かったです。さすがはナムコですね。

特に私が気に入っているのは、背景グラフィックのセンスの良さです。今でも各ビジョンを散策目的で日々プレイしています。なかでも哀しみの国のそれは、黄昏の孤独感みたいなものが、じわーっとくる感じがして大好きです。

それから、今回とあるビジョンでクロノアが歌をうたっているのですが、これは必聴ですよ。中の人はよくこの歌詞を覚えたなあと感心しきりです。るぷるどぅ!

バルーの塔へ

|


ガラクタの整理をしていたら、以前使っていたPC用のアナログTVチューナーが出てきました。これにはビデオキャプチャーの機能もあったので、どんなものか使ってみることにしました。ちなみにXPまでしか対応してないので、サブのノートPCにつないで録画しました。録ったのは「風のクロノア」のエクストラビジョンのタイムアタックです。未だに3分を切ることが出来ないのが情けなかー。

ファミコンカセットの殻割り

|


ファミコンカセットのバックアップ電池の交換は、スーファミのそれと同じ様に出来るのですが、ただ、ケースを分解するのがちょっとやっかいなのです。ネジではなくツメでとめてあるので、無理にこじ開けようとするとツメを折ってしまうからです。

 しかし、世の中には賢い人がいるもので、それを、割と簡単にやってしまう方法を編み出してしまった方がいます。これはその紹介動画。

これを見て、私もさっそく何個か割ってみましたが、ホントこれまでの苦労がウソのように、パカッと開けることができました。皆様も是非お試しあれ(自己責任でね)。

Earth

|


国際宇宙ステーション(ISS)から地球を微速度撮影した美しい映像です。ただ、あまりに美しすぎて、CGだといわれても、信じちゃうかも。

ドロイド君

|


Mikoto対応のMQOモデルデータ「ドロイド君」をアップロードしました。今回はKeynote用のMQOデータも別に同梱してあります。上の動画はそれをWarabiMPで書き出したものです。先日、中華パッドを購入したので、その記念に作ってみました。


DATA : ドロイド君

ジェミノイド3

|


なんだか、可笑しくもあり、恐ろしくもあり。

上を向いて歩こう

|


上を向いて歩こう!

iPhone 3D Figure

|

 

こちらはこじはやさんが現在開発中のiPhone(iPad)用のMQOビューアーです。基本的なビューアーとしての機能のほかに、立体視にも対応しているそうです。それからKeynoteのモーションも再生可能とか。なかなかいい感じですね。

モーションテスト

|

 

 

折り畳み式ロボットTTM101(仮称)のモーションテストです。今回はKeynoteとWarabiMPを使っています。そして初めてYouTubeにできた動画をアップしてみました。と、気がつけばもう朝だ、寝よ。

Spain

|

 

ジョン・マクラフリンとパコ・デ・ルシアによる、チック・コリア作「スペイン」の演奏です。この二人は、ドラゴンボールで例えれば、スーパーサイヤ人クラスのギタリストである、といえるでしょう。また、「スペイン」という曲は、アコースティックギターによる競演が、ほんとうによく似合いますね。多くのアーティストにカバーされている名曲なので、それらを聴き比べてみるのも楽しいですよ。

L'Illusionniste

|

 

シルヴァン・ショメの最新作「L'Illusionniste」の予告編です。故ジャック・タチの遺した脚本をもとにしてアニメーション化したとのこと。絵や動きがステキです。どうやら日本でも公開されるようなので、オイラも観たいでゲス!

Sculptrisについて

| | コメント(2)

 

これはスカルプトモデラーSculptrisの紹介ビデオです。マウスあるいはペンタブレットで粘土を捏ねたり削ったりするような感覚でモデリングができます。ドキュメントの日本語訳はこちら。私も少し触ってみましたが、これは実際おもしろい!

Love It Light

|

 

イギリスでオンエアされたダイエットコークのCM。めちゃキュートです。マリオネットのぎこちない動きが、人形の可愛らしさをさらに強調しているようです。こういうのを見ると、別にCGじゃなくてもエエやん、とか思ってしまいますね。

地球の輪

| | コメント(4)

 

これは、土星にあるようなリングが地球にもあったとしたら、それが地上からどんなふうに見えるのかをシュミレートしたものだそうです。人類が物心付くはるか以前から、こんなものが空の向こうに見えていたとするなら、やはり誰しもが、そこは神々の住まうところだと考えるのではないでしょうか。そしてその意味でも、人間の有りようは、この世界とは随分と違ったものになっていたでしょうね。

人間解体

|

 

これはフリッツ・カーンというひとが1926年に描いたイラストを、最近になってアニメーションにしたものだそうです。まだコンピューターなどというものがなかった時代の、人間の脳の働きの捉え方が、とても興味深いですね。こういうのはFlashか何かにしてもらって延々と眺めていたいものです。もちろんBGMはクラフトワークで。

Slang

|

 

今日はジャコ・パストリアスの命日です。

A Kiss From Tokyo

|

 

60年代に作られたスパイ映画の予告編、という設定らしいです。音楽も含めて、なるほどそれっぽくてイイですね。ちなみに、昔のB級スパイ映画について興味がある方は、下記のサイトへどうぞ。


Secret Agent Station スパイ映画大全

 

酔っ払いと綱渡り芸人

|

 

エリス・レジーナの代表曲として知られていますが、こちらは作者であるジョアン・ボスコ本人による演奏です。1970年代の軍政下のブラジルで作られた曲で、「酔っ払い」とは政府のこと、「綱渡り芸人」とは国民のことです。つまり、この曲はプロテストソングなのですね。途中から聴衆が一緒になって歌っていますが、これは歌手冥利に尽きるでしょう。

湊川だよ、飛行長

|

 

64年前の今日 - 桜花(Wikipedia)

警告!

このサイトには女性の裸体表現が
若干含まれています。閲覧に際し
それらに不快を感じる方や年齢的
に相応しくない方はさようなら~!

アーカイブ