びおめたでタグ「Blender」が付けられているもの

ブレンとブレンダ

| | コメント(3)

20101115.jpg

 

公開したモデルデータがどんな風に扱われているのかというのは、やはり気になるものです。たいていは、見て終わり、なのでしょうけど。これがBlender形式なら、レンダリングしてみたりとかで、まだいろいろと遊んでもらえるんじゃないかと思うのですがどうでしょう。

というわけで、レイコ 10のデータをBlender形式にしてアップロードしました。カメラとか質感とか、いろいろいじってレンダリングしてみて下さい。そしてそれをPBBSにでも貼って下さいませ。なお、この記事のタイトルは、本文とは何の関係もありません。


DATA : gdm014_010.blend

NanaTreeについて

|

20100611.jpg

 

このごろはボチボチとBlenderのチュートリアルをやってたりするわけですが、その際、アウトラインプロセッサと呼ばれるツールを使って、操作のカテゴリ毎にショートカットなどをメモした「ブレンダーメモ」みたいなものを作っています。他にも、メタセコイアのプラグインを系統ごとに分けてその使い方を記した「メタセコプラグイン手帳」なるものや、ブログの記事を書くときなんかにもそれを使っています。

アウトラインプロセッサとは、文章を階層構造にできるエディタで、いろいろあって、いろいろ試しましたが、私はNanaTreeというフリーウェアがお気に入りです。アウトラインプロセッサとしての機能は充分以上に揃っていて、画像や簡単な表も挿入できますし、面白いのは六角大王(フリー版)のデータから直接スクリーンショットを取得して貼り付けられたりもします。おすすめですよ。

WIP

|

20100609.jpg

 

Keynote用のボーンも読み込め、簡易的にアンカーにも対応したMQOインポーターを見つけたので試してみました(配布元はこちら)。まだ少ししか触ってないし、私がBlenderに慣れていないのでアレなのですが、完全とはいえないまでも再現性はよさそうです。これはもう、来るよ、ブレンダー。

Blender2.5について

|

20100608.jpg

 

ここしばらく、時オカのやぶさめで1500点をなんとかひねり出したり(やっふー!)、マリオ64と闘っていたり(スター120枚集まったヨ!)していたので、CG的な進展はあまりありませんでした。そうこうするうちにBlenderも2.5のアルファ版が出ていたのですね。で、ちょっとさわってみました。見た目もそうですが(私的には2.4系の配色の方が好きですね)、操作も微妙に2.4系と違っているようです。まだアルファ版だし、日本語の情報も少なそうなので、当面は2.49bで修行したほうがいいのかな。

LinuxでBlender

| | コメント(2)

20091019.jpg

 

この頃のLinuxとはどんなもんかなと思って、サブPCにUbuntuというディストリビューションをインストールしてみました。Wubiというツールを使うとWindowsとの共存も簡単です。

Ubuntu自体のインストールも自動化されていて、ただ見ているだけといった感じ。ビデオやサウンドといったハードウェアの認識も問題なし。インターネット接続もまた同様です。

Blenderもパッケージインストーラーで簡単に出来ました(ただしヴァージョンは2.48)。あたりまえなんですけど、ちゃんと使えるんで、ちょっとビックリしました。

 

近似

|

20091001.jpgBlenderのAOレンダリングには、レイトレースのほかに近似(Approximate)というタイプがあって、これがとても速いのです。今使っているPCはペン4の3.0Ghzですが、これだと左の画像のレンダ時間は1分17秒でした。最近のなんたらコアとかいうマシーンならばもっと速いでしょうね。

レイトレースはサンプル数が充分でないとノイズが目立ってしまい、サンプル数を増やすと時間がかかってしょうがないのですが、近似ではごらんのようにノイズはほとんどありません。で、速いと。ただその分、正確性に欠けるということです。

ピンク問題について

|

20090930a.jpg先日の記事で、Blenderのビューポートのテクスチャ表示において、UVが割り当てられているのに画像が貼られてなく、カラーのみが適用されているメッシュの面が、派手なピンク色で表示されるという「現象」について書きましたが、なんとかそれを直す方法が見つかりましたので、興味のある方は、続きをどうぞ。

AO

|

20090927.jpgBlenderでAmbient Occlusionというやつを試してみました。左が通常のレイトレで、右側がそれです。

手法としてはGIに分類されるらしいですが、レンダリング結果を見るとラジオシティっぽい感じもします。

アンビエントオクルージョン、直訳すると「周囲の閉塞」、なんか解るような解らんような。

 

参考までに、このモデルのブレンデータ?をアップしておきますね。

gdm012c_003.blend

Blenderについて

| | コメント(2)

20090923.jpg

 

いま、Blenderが熱い!との噂を聞いて、たまらずに最新のバージョン(2.49b)をインストールしてみました。なんと、公式に日本語化に対応したんですね。これでまた日本のユーザーが増えるんではないでしょうか。

警告!

このサイトには女性の裸体表現が
若干含まれています。閲覧に際し
それらに不快を感じる方や年齢的
に相応しくない方はさようなら~!

アーカイブ