WIP

|
20131130.jpg

レトロ宇宙計画を考え中。自称科学者と近所の少年が、ヒミツのガレージで、ガラクタを集めて作った宇宙ロケット、みたいな感じで。

君はファンキードンキー

|
20131119.jpg

スーパーファミコンのゲーム、スーパードンキーコングをクリアしました。グラフィックは背景キャラクターとも、あらかじめレンダリングされた3DCGを取り込んで使われています。PS初期のポリゴンのゲームより明らかに見栄えがいいです。今の目で見ても、なかなか見事なグラフィックだと思います。

難易度は比較的に高めだと思いますが、やり込めば必ずクリアできる、チャレンジし甲斐のある難しさだと思います。ちょうどクラッシュバンディクーがそんなゲームでしたね。ほかにもクラッシュを髣髴とさせる部分はいっぱいありましたから、クラッシュの製作者たちは、このゲームに大きな影響を受けてるのでしょう。ですから、クラッシュが好きな人ならこのドンキーもきっと気に入ると思いますよ。

ただ、気になったのは、セーブデータが消えやすかったということです。私が持っているカセットがたまたまそうだったのかもしれませんが。なので、Retrode2でセーブデータのバックアップをちょくちょくするよう心がけていました。備えあればウレシイな!ですからね。

MDアダプターについて・その2

|


MDアダプターの比較動画です。最初にメガドライブ2のステレオ音声。次にスーパーファミコン+MDアダプター。そして、おまけにGAME JOYというメガドライブ互換機のステレオ音声。プレイしたのはランドストーカー ~皇帝の財宝~です。

前の記事で、色の鮮やかさうんぬんをいいましたが、これで見ると、オリジナルの方がキツイ感じがしますね。TVで見るとそうでもないようなのですが。あと、この動画では分かりにくいですが、GAME JOYは場面によって縦縞のノイズが目立つことがあります。

元々メガドライブの映像や音声の品質は、決して満足のいくようなものではないわけで、そこでオリジナルの再現度がどうのというのは、あまり意味がないと思います。といって、互換機がデザインなどを含めオリジナルを凌駕しているかといえば、それもどうかなという感じです。そういうものを期待しているのですけどね。

MDアダプターについて

|
20131030b.jpg

スーファミでメガドラのソフトがプレイできるようになる、MDアダプターという周辺機器を入手しました。スーファミで使用する場合は、ご覧の様に付属のケーブルでアダプター側からAV信号を出力することになります。しかし、対応する互換機であれば本体側から出力できるそうです。コントローラーはスーファミのものがそのまま使え、ボタン設定は、MD/SFCがABCXYZ/YBALXRとなります。

互換性ですが、メガドラ2と比べた場合、映像についてはオリジナルより色の鮮やかさに欠ける感じがします。が、音声は明らかにMDアダプターの方が良いですね。というより、そもそもメガドラ2のステレオ音声が酷すぎますが。また、手持ちのソフトをいくつか試してみましたが、その中ではエコー・ザ・ドルフィンが動作しませんでした。

現在は2,000円前後の値段で売られているようで、スーファミのセットを持っているのなら、とりあえずこれだけでメガドラのカセットを遊ぶことができるわけですから、実機にこだわらなければ、良い選択肢になるのではないでしょうか。

エケエケ好きかい?

|
20131029.jpg

先日メガドライブのゲーム、ランドストーカー ~皇帝の財宝~をクリアしました。ゼルダの伝説・神々のトライフォースのようなアクションRPGですが、こちらは斜め見下ろし型の擬似3Dマップが舞台です。擬似とはいえ、立体構造として辻褄が合っているので、まるでポリゴンゲーをプレイしているような感覚です。

操作は基本的にジャンプとアクションだけというシンプルなもので、戦闘もあまり深く考えずに、剣を振り回していればなんとかなる類のものですが、爽快感があるので、飽きるということはなかったですね。

それよりも面白さのキモとなるのは、パズル的な謎解きの方でしょう。解法を導き出すのは割りと難しくはないのですが、その答えを得るためのアクションをこなすのに多少キビシイものがあるなと。そしてそれが歯応えがあって燃えるなと。

完成度では神々のトライフォースに及ばないところも色々ありますが、音楽も良いし、グラフィックも綺麗で、とても丁寧に作られているという印象です。こんなにも面白いのに、正統な続編が出なかったのが不思議ですね。

スル? part2

|
20130807.jpg

裸眼立体視交差法。レンダラーはvidro

このモデルも嫌な所が目に付くようになったので、そろそろなんとかしたいですね。

まちゅり2013

|
20130719.jpg

今年も水着まちゅりに参加しました。展示期間は9月末日まで。これはその裸眼立体視交差法バージョンです。レンダラーはvidro

立体視画像を作る際、メタセコでいえば、視点の角度のヘッドを5度くらい変えてレンダリングしています。立体感が多少大袈裟な感じもしますが、こういった画像では、それくらいがいいかと思います。

前の7件 4 5 6 7 8 9 10 次の7件

警告!

このサイトには女性の裸体表現が
若干含まれています。閲覧に際し
それらに不快を感じる方や年齢的
に相応しくない方はさようなら~!

アーカイブ