XBOX360がキター!

|
20140525.jpg

ついに、XBOX360を買いました。中古ですが。自分にとって初のHD機となります。故障率のことを聞いていたので、対策されているというJasper基盤のものを探して購入しました。本体ほかHDD(60GB)やコントローラーなどは単品でそろえて、全部で9千円とちょっと。それぞれに状態が良いので、まあ、いい買い物かなと。

騒音は思っていたほどではなかったですね。いま自分が使っているPCよりはマシな感じです。スピンドル音もPC用のそれとほぼ同じかな。気になるといえば気になるレベルでしょうか。また、コントローラーも意外にコンパクトだなと感じました。もっとデカイかと思ってたので。

USBメモリーをメモリーユニットとして使う場合、相性が悪くて使えないことがあるそうなのですが、手持ちの3本のUSBメモリーで試してみたところ、2本はダメでしたね。そのダメな内の1本は、そういう相性問題を扱っているサイトでOKの報告があるものでした。型番が同じでも中身は別ものだった、ということでしょう。

さて、一緒に写っているのは、値段の安いソフトの中から適当に選んだプリンス・オブ・ペルシャです。これが意外というか、なかなか面白くて、いまハマッているところです。これもまた、いい買い物かなと。

ロクヨンでレイマン・その2

|
20140512.jpg

N64のRAYMAN 2 THE GREAT ESCAPE(北米版)を完全クリアしました。いやあ、じつに面白かったです。楽しすぎて、終わってしまうのが辛かった。こういう思いは、時のオカリナをプレイしたときと同じですね。

前作とは、2Dから3Dに、というのはもちろんですが、残機制からフリーコンティニューになり、幾分やりやすくなりました。また、前作のフライングパンチは、連射もため撃ちもできる光弾になっています。自分としては、あのパンチも捨てがたいような気もしますが。

音楽も素晴らしく、グラフィックのクオリティはロクヨンのゲームの中でも抜きん出ています。ステージのギミックなどはバラエティに富んでいて、その配し方もよく練られている感じです。総じて完成度が非常に高いゲームですが、自分としては、何よりレイマンを動かしていること自体が楽しくて仕方ありませんでしたね。

こんなに素晴らしいゲームが日本ではあまり知られてないというのが、本当に残念です。後から知ったのですが、国内でもドリームキャストとPS2で、それぞれタイトルは異なりますが、出ているみたいですね。なので興味をもたれた方は、そちらをやってみてはどうでしょうか。

ロクヨンでレイマン

|
20140430.jpg

日本未発売のRAYMAN 2 THE GREAT ESCAPE (N64 北米版)を入手しました。そのままでは日本版の本体で動作させることはできませんが、違いはカセット裏面の切り欠きの位置だけですので、裏面を日本のものと交換すればプレイすることができるのです。ちなみに欧州版は日本版とそこが同じなので、物理的に挿す事はできますが、映像の方式が日米とは違うので、日本の本体で動かすことはできません。

前作の2D横スクロールから、3D箱庭探索ゲームに内容が大きく変わっています。ロクヨンのマリオとゼルダを合わせたような感じですか。セーブはコントローラーパックで行うようになっています。なので振動パックには非対応。またメモリー拡張パックに対応しているので、持っていれば高解像度でプレイすることができます。が、うちの液晶テレビは、ハイレゾモードでは微妙に横縞が出てしまいます。ブラウン管では目立たないないのですけど。

まだ序盤ですが、すでにオープニングからして名作の雰囲気が漂っています。じっさいとても面白いです。このドキワク感は、初めて時のオカリナをプレイしたときと似ていますね。

お疲レイマン

|
20140420.jpg

先日、セガサターン版のレイマンを100%クリアしました。かなり難しいという話でしたので、はじめから残機を増やす裏技を使わせてもらいました。じっさいかなり難しかったです。前途に途方にくれる場面はしばしば、累々の屍は4ケタにもなろうかというほど。それでもあきらめずに続けてこれたのは、本当にオモシロかったから。

振り返ってみれば、グラフィック、音楽、操作性、などがとても洗練されていると感じました。また、この幻想的な世界観は、本当に大好きです。海外での知名度に比べ日本でのそれがいまひとつなのが不思議ですね。

難易度についていえば、流石にやり過ぎかとも思えますが、いわゆる死んで覚えるタイプのゲームなので、ガンバってチャレンジし続ければ、なんとか道は開けるでしょう。しかし日本語版については、少なくともフリーコンティニューにして欲しかった。

日本語版といえば、このゲーム、デモムービーこそ吹き替えですが、ゲーム中のメッセージの類はすべて英語のままなのです。しかも勝手に進んでいってしまうので、よくわからないことが度々でした。それがちょっと不満です。

WIP

|
20131212.jpg

以前に六角Sで作っていた宇宙ヘルメット。

六角大王Super6について

|
20131210.jpg

先日、六角大王Superを5から6にアップグレードしました。とはいえ、メタセコをメインに使うようになってからは、起動する機会もめっきり減り、現在のメインPCにはインストールもしていませんでした。聞くところによると、その権利などは別会社に譲渡され、今後は六角大王Superとしての開発はなされないようです。

六角大王Superはモデラーとしても非常に優秀ですが、メタセコのようなストイックなモデラーに比べ、遊び心というか楽しさというか、そういうものも、より感じることができます。また、とりあえずこれだけあればイロイロと出来るという意味でも、初心者に向いているといえますね。

しかし、プラグインが使えたりサポートツールも充実しているメタセコのような拡がりに、いく分欠けているようで、ある程度慣れてくると物足りなく感じてくることもあるでしょう。なので積極的にはオススメはしませんが、3DCGの楽しさを知るのには最適のソフトであるということだけは、いっておきましょう。

ということで、画像のバニーさんの六角Sモデルデータを下記に置いておきますね。


DATA : バニーさん(6KT)

Earth in the Shell

|
20131208.jpg

Renderer : MegaPov 0.7 + galaxy.inc + biopred.inc

前の7件 2 3 4 5 6 7 8 次の7件

警告!

このサイトには女性の裸体表現が
若干含まれています。閲覧に際し
それらに不快を感じる方や年齢的
に相応しくない方はさようなら~!

アーカイブ